はじめまして

わたしが翻訳家になるまで
スポンサーリンク

はじめまして。きひるです。
自宅で、日英翻訳の仕事をしています。

専門は、化学系の特許翻訳。
ざっくり言うと、
「わたくし、こういう発明をしましたよ」
とアレコレ書いてある文章を英語にしています。

農学部を卒業し、メーカーの研究所でつとめたあと、在宅翻訳家になりました。
そして、3人の子どもを育てながら、ときに休業しつつも翻訳を続け、気づくと翻訳家になってから20年以上がたっていました。

子どもたちもすっかり大きくなり、
「さて、わたしはこれから何をしたらいいんだろう?」
と、やや人生の迷子になっている今日この頃。

思えば、子育てで大忙しだったあのころが、人生の黄金期だったのかもしれません。

・・・なーんて、自分をあきらめるのはまだ早い。

これからは、自分自身の人生を楽しむ時間。
好奇心のむくまま、あれこれ挑戦して、今のまんまの自分をつづっていこうと思います。

このブログには、わたしが翻訳家になるまでのストーリー、在宅翻訳家の日々、英語ネタなど書いていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。


きひる

在宅翻訳家(日英)。
化学系の特許翻訳が専門です。
農学部を卒業し、製紙会社の研究所で働き始めたとたん、
「わたし、理系の仕事向いてなかった!」
と気づき、翻訳家になりました。
「あなた、地球人の着ぐるみを着た宇宙人でしょ」
と言われたことがあります。

きひるをフォローする
わたしが翻訳家になるまで
スポンサーリンク
きひるをフォローする
アラフィフ在宅翻訳家のゆるやかな日常
タイトルとURLをコピーしました