「あのとき、ああしてたら・・・」

先日、
長男(高3)が久しぶりに
学校の寮から帰省しました。

12月8日は
長男の誕生日だったので、
ちょっと遅れてのお誕生日祝をしました。

image

今年の誕生日プレゼントのリクエストは、
なんと、「炊飯器」。

長男の通う学校は、
高専(高等専門学校)といって、
5年制の学校です。

寮のキャパシティが
それほど大きくないため、

来年4月には
アパートでひとりぐらしを始めます。

寮の役員をすれば、
寮に残ることも可能だったようですが、

ひとりぐらしをしたかったみたい。

なんとなく、
高校生の続きの気分でいたのですが、

考えてみれば、
もう大学生の年齢なのですね。

ひとりぐらしも
してみたいお年頃なのでしょう。

(寮には、点呼とか門限とか、
いろいろ規則もありますしね)

わたしが大学生だったころより、
今の長男のほうがずっとオトナ。

あんなに泣き虫で
甘えん坊だったのに、

家を巣立つのは、早かったな。。。

「長男が家にいる頃、
もっと一緒にいろんなことをしたらよかった」

って、後悔するときもあります。

でも、それを考え出すと、

「あのとき、
あんなに仕事ばっかりしなくても
よかったのに・・・」

とか、際限なくおちこんでしまいます。

なので、そんなときは、

「自分の過去の子育てを後悔するのは、
今の長男に対して失礼だ」

と考えることにしています。

だって、今の長男、

まわりの人から愛される、
とってもすてきな青年です。

image

それが、時空がくれた答え。

わたしが易を学んでいる
易経講師こやまとしのりさんが、

以前、
こんな話をしてくれたことがありました。

「ぼくたちは、
100%の選択をして、

今、ここにいる。

『あのとき、なんで私・・・』
という問いほど、

自分の生命力をそぐ問いはない」

と。

うん。

わたし、よくやったよ。

そして、
いろんな出会いが、
長男を育ててくれたのですね。

みなさん、
たくさんの愛を、
ほんとうにありがとうございます。

おかーさんも、

いつも遠くから

見守っています。

あなたのクリックがはげみになります!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ

宇宙人母KAYOのストレスクリアコーチング(小田原・南足柄・開成・オンライン)
たった2つの質問で、現実がどんどん変わっていきます。
生きづらさを手放して、未知の可能性にスイッチオン☆
★プロフィール
★生きづらさを手放して自分をまるごとOKするための7日間メール講座(無料)
★ストレスクリア初回カウンセリング
★お問合わせ
★【無料占い】名前から知るあなたの魂の願い
★ゆったりマインドが育つメルマガ「『ゆったり星』へのパスポート」
★宇宙人母KAYOの初の電子書籍「娘と私は宇宙人!?」
【4月27日】ヴォイストレーナーありちゃんの声磨きレッスン
【4月29日】引き寄せのヒミツがわかる!宇宙人母KAYOの初お茶会
【6月19日】きつねさんの小講義C「日本神話雑感」

 

 

関連記事

  1. 風邪が教えてくれたこと

  2. 世界は実はやさしかった

  3. 後悔から感謝へ

  4. トロい私を否定していました

  5. おじいちゃんの本屋さん

  6. 売木村山村留学レポート1

  7. 「DESTINY鎌倉ものがたり」観てきました

  8. 必要なものがすべてそろっているのに

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。