それでもイライラするときは

こんにちは。宇宙人母KAYOです。

先日書いた記事、
「トロい自分を否定してました」
に、いろんな方から
感想をいただきました。

 

今日は、いただいた感想を
ご紹介します。

******

ヤバイです

朝からウルウル全開!

夫へのイライラを見つけるたび
『わたしの中にあるってことね』
とは思ってみるものの

上手く受け止めるのって
練習が必要みたいで…(苦笑)

今日もカヨさんのメルマガに
めっちゃ納得!

めっちゃ癒され〜!

いつも、ありがとうございます♡

*****

*****

やはり、
人に対してイライラするっていうのは
自分の中にあるモノなんですね。

今までもそれは知っていて、
わかっていたつもりでしたが、
このメルマガでそれが肚まで落ちました。

周りで起きる事って
自分を知ることのできる
大切な出来ことなんですね。

どんなことでも

かよさん、分かって来ました。

有難うございます。

*****

こちらこそ、
感想ありがとうございます。

一通一通にお返事はできていないのですが
本当にありがたく
読ませていただいています。

 

「相手に対してイライラするのは
それが自分の中にもある部分だから」

というのは、
心理系の話でもよく言われることなので
ご存じのかたもいると思います。

でも、これって
アタマで理解しようとしていたときは
とても苦しかったです。

アタマでわかっていても
イライラするんですもの〜!!

なぜなら、
イライラというのは
反射的に出てくるものだから。

 

反射で出てくるイライラを、
理性で
おさえこもうとすると
逆に苦しくなっちゃうのです。

 

昨年、夫に対するイライラが
ピークだった時期は

怒りを
紙に書きなぐってみたり

深呼吸してみたり

だれもいないときに
大声で
「ウォー」って叫んでみたりと

いろいろやりましたけど(遠い目)

どれも効き目は
一過性でしたね。。。

 

でも、
ストレスクリアのセッションを
受け始めてから、
イライラが生まれる
おおもとの構造が
変わってしまったらしく

「あれ!?どうしてわたし
イライラしないのかしら?」

という、不思議な状態になりました。

 

とはいえ、今でも
イライラしちゃうときはありますが

イライラの奥にあるものが
自分で理解できているので
イライラにふりまわされることなく
自分を観察しながら
イライラしている感じ。

とはいえ、人には
「イライラしたい」時期というのも
あるのかもしれません。

きっと、そんなときは
イライラすることで
「あぁ、わたし、こんなにタイヘン!!」
と、アピールしたいのでしょう。

 

でも、
「がんばってるわたし」を
いちばん認めてほしい相手は
パートナーでも子どもでも親でもなく、

自分自身です。

 

「そっかそっか、
イライラするんだねぇ。
いつもよくがんばってるねぇ」

って、自分を
イイコイイコして
ちょっとゆっくり休みましょう。

 

そして、心がほっとしたら
「本当はどうなりたい?」
って
自分に聞いてあげましょう。

 

イライラに費やしていたエネルギーを
もっと
クリエイティブなことに
使えるようになったら
人生、楽しいと思いませんか?

 

いつでもお手伝いいたします。

あなたのクリックがはげみになります!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ

宇宙人母KAYOのストレスクリアコーチング(小田原・南足柄・開成・オンライン)
たった2つの質問で、現実がどんどん変わっていきます。
生きづらさを手放して、未知の可能性にスイッチオン☆
★プロフィール
★生きづらさを手放して自分をまるごとOKするための7日間メール講座(無料)
★ストレスクリア初回カウンセリング
★お問合わせ
★【無料占い】名前から知るあなたの魂の願い
★ゆったりマインドが育つメルマガ「『ゆったり星』へのパスポート」
★宇宙人母KAYOの初の電子書籍「娘と私は宇宙人!?」
【4月27日】ヴォイストレーナーありちゃんの声磨きレッスン
【4月29日】引き寄せのヒミツがわかる!宇宙人母KAYOの初お茶会
【6月19日】きつねさんの小講義C「日本神話雑感」

 

関連記事

  1. 風邪が教えてくれたこと

  2. とことんネガティブを見つくすと?

  3. ハリとストレスクリアの共通点!?

  4. まだまだ嫉妬してました

  5. 「悩み事が小さく感じられるようになりました」【お客様の感想】

  6. 大切なことは、目に見えない

  7. 売木村山村留学レポート1

  8. おなかの人が段取りしてくれました

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。