必要なものがすべてそろっているのに

先日、長男が17才のお誕生日をむかえました。

長男は学校の寮に入っているので、先日の週末に帰省した時に、少し早いお誕生日パーティーをしました。

事前にLINEで

「今年の誕生日プレゼントは何がいい?」

と聞いたら、

「水準器をおねがいします」

との返事。

「水準器?何につかうモノ???」

と思ったら、

「写真を撮るときに水平を保つためです」とのお返事。

そう、長男は鉄道や風景の写真を撮るのが好きで、構図もきちんと考えながら撮るのです。

長男のカメラは、2年くらい前のお誕生日プレゼントだったかな?

たしか、3万円くらいしたような・・・

そして今回の水準器は、3000円ちょっとの手頃な値段でした。

そして、バースデーケーキのリクエストを聞いたら

「チーズケーキをお願いします」

とのお返事。

近所のケーキ屋さんの、とてもシンプルなチーズケーキです。

まぁ、いろいろ好みがオトナになっちゃって。

誕生日だからって、がっつかないのね~。

(誕生日やクリスマスには、ここぞとばかり物欲のオニとなる小3次男とは対象的でございます(*^^*))

「この子、自分がほしいものを、ちゃんとわかっているんだなぁ・・・」

と思いました。

長男は今回の帰省中に、

「冬休みになったら、アルバイトしたい」

と、単発バイトの登録に横浜まで出かけて行きました。

わたしや夫がアルバイトを勧めたわけではありません。

自分でネット検索して、短期でもできるアルバイトを彼が自分で見つけたのです。

わたしは、

「ほしいものがあるなら買ってあげるのに・・・。

せっかくのんびりできる冬休みなんだから、好きなことしてすごせばいいのになぁ」

と、内心思っていました。

でも、わたしがLDM(ライフデザインメソッド)を学んでいる堀内恭隆さんのブログ記事を読んで、

「あぁ、こういうことか」

と、思いました。

その文章を、引用させていただきます。

http://www.lifedesignmethod.jp/blog/2015/12/-1020.php

******************

両親は僕をとても大切にしてくれたし、愛してもくれました。

家族も仲良く、常に仲の良い友達もいました。

形としては、”幸福なものが全て揃っている” のです。

でも、息苦しさと絶望感をいつも感じていました。

『 全て揃っているの。用意してあるから大丈夫。 』

これは、僕という生命体にとっては

『 あなたは、何もしなくていい。 』

『 あなたには、存在価値がないの。 』

ということと紙一重でした。

******************

「全て揃っている」から、幸福なわけじゃない。

きっと、長男の魂は、今、成長を求めているのですね。

だったらそれを見守ろう。

「あなたならできるよ。大丈夫」
って、エールを送ろう。

そんなふうに思いました。

セブンティーン、おめでとう!!

そして、ママのところに生まれてきてくれて、ありがとう。

あなたのクリックがはげみになります!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ

宇宙人母KAYOのストレスクリアコーチング(小田原・南足柄・開成・オンライン)
たった2つの質問で、現実がどんどん変わっていきます。
30〜60代女性のクライアント様から夫婦関係・親子関係・仕事関係などの相談をお受けしています。
★プロフィール
★まるごと自分をOKしたい人のためのストレスクリアコーチング
★潜在意識のイメージ書き換え☆メールでマインドリライティング
★お客様の感想
★生きづらさを手放して自分をまるごとOKするための7日間メール講座(無料)
★ゆったりマインドが育つメルマガ「『ゆったり星』へのパスポート」
★宇宙人母KAYOの初の電子書籍「娘と私は宇宙人!?」
【6月9日】愛と豊かさのパラレルワールドへワープ☆楽しい量子論講座〜パートナーシップ編〜
【6月13日】ありちゃんとお話会「時を超える恋と愛のお話会」
【6月19日】きつねさんの小講義C「日本神話雑感」

【6月23日】メンタリスト☆カルロスニシオセルバンテスのサイキック占い
【7月3日】ありちゃんの声磨きレッスン
★お問合わせ

 

関連記事

  1. まだまだ嫉妬してました

  2. 歓魂祭で気づいた自分の「設定」

  3. 卓球とピンポンはちがうもの?

  4. スケッチで気づいた自分の「大好き」

  5. 家族なのに知らなかった!

  6. 娘のコトバで書いてます

  7. 「発達障害を楽しく語るランチ会」初開催しました

  8. 男の子ってやつは・・・

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。