セミナープロデュースは奥が深い

こんにちは。
宇宙人母KAYOです。

先日、堀内瑠美さんの
「セミナープロデュース講座」に
自宅からオンラインで参加しました。

↓まんなかのパソコンにうつってるのが私

堀内瑠美さんは、
朝型美人塾&ウーマン朝食会を主宰されています。

各分野の一流講師を招いて
セミナーを主催されていて
開催回数はこれまでに200回以上、
参加人数は5000人を超すとのこと!

そんな瑠美さんの
セミナープロデュースの手法を学べる
この「セミナープロデュース講座」に
とうとう参加できました。

しかも、
オンライン参加OKだったので
子供の留守番を気にせずに
自宅から参加できるというありがたさ。

企画から開催までの流れや
講師の先生との条件交渉、
価格設定、
集客のしかた、
当日の運営、
フォローのしかたなど

瑠美さんの敏腕プロデュースの秘密を
みっちりと学びました。

わたしもこれまで
たくさんのイベントや講座を
主催してきましたが

こういう
プロデュースを学べる場というのは
ほとんどなくて、
ほぼ、手探りでやってきました。

なので、
「なるほど!こういうときは
そうすればいいのね」
と、たくさんの気づきがありました。

なかでも
・セミナープロデューサー
・受講生、
・講師
の三者がハッピーになれる
「三方よし」の
主催・運営を学べたことは
大きかったです。

わたしも含め、
主催者の人というのは、つい
「参加者のみんなが楽しければ
それでいいの」
と、ボランティア精神に
なってしまいがちですが、

それが続くと
だんだん枯渇してくるんですよね・・・(T_T)

人と人がつながる
楽しい学びの場を作り続けていくためには
やはり
プロデューサー自身も
潤うことが大事だ!と
再確認しました。

そして、
そういう楽しい場を作ってきた
自分自身を
もっと認めてあげようと思いました。

(瑠美さんと桁はちがいますが
わたしがこれまで
主催してきた講座やイベントの
参加者数は500人は超えています)

終了後、瑠美さんに
お礼のメッセージをお送りしたら

「学びの場を求める人や
そこのつながりから
得るものって大きいです。

色々大変だと
忘れてしまうこともありますけど(笑)
お互いそんな場を作れることに
感謝しつつ
がんばっていきましょうね。」
という、
あたたかいお返事をいただきました。

それを読んで、
「よーし、これからも
楽しい講座やイベントを
プロデュースしていくぞー!」
って、元気が出てきました。

今回の講座の中で
イベントを周知徹底する大切さも
学んだので
さっそく、
現在手がけているイベントのお知らせを
ブログやFacebookに
再度投稿したところ
なんと、
3人から新たなお申込みが!

まるで
「がんばれ〜」という
宇宙からの応援みたいに感じました。

瑠美さん、
いっしょに学ばせていただいた皆様、
本当にありがとうございました。

セミナープロデュースの奥深さが学べる

「ご縁をつなぐ!人が集まるセミナープロデュース講座」
今後の開催予定はこちらです。

そして、イベントプロデューサーとして
バージョンアップしたKAYOが主催する
イベント一覧はこちらです

あなたのクリックがはげみになります!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宇宙人・UFOへ
にほんブログ村

宇宙人母KAYOのストレスクリアコーチング(小田原・南足柄・開成・オンライン)
「自分は自分でよかった!」と心から思う人生を送りたい方に。
30〜60代女性のクライアント様から夫婦関係・親子関係・仕事関係などの相談をお受けしています。
★プロフィール
★まるごと自分をOKしたい人のためのストレスクリアコーチング
★潜在意識のイメージ書き換え☆メールでマインドリライティング
★お客様の感想
★ゆったりマインドが育つメルマガ「『ゆったり星』へのパスポート」
★宇宙人母KAYOの初の電子書籍「娘と私は宇宙人!?」
【6月9日】愛と豊かさのパラレルワールドへワープ☆楽しい量子論講座〜パートナーシップ編〜
【6月13日】ありちゃんとお話会「時を超える恋と愛のお話会」
【6月19日】きつねさんの小講義C「日本神話雑感」

【6月23日】メンタリスト☆カルロスニシオセルバンテスのサイキック占い
【7月3日】ありちゃんの声磨きレッスン
★お問合わせ

 

関連記事

  1. 英語を聞き取れない理由は?

  2. 後悔しない人生とは

  3. 折れない心の育て方とは?

  4. 娘のコトバで書いてます

  5. 意識するだけで声が!

  6. おなかの人が段取りしてくれました

  7. カイロプラクティックでゆがみがスッキリ!

  8. 易経は、人情ドラマ!?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。